元銀座ホステスNOAのクラブスピリチュアル

銀座のクラブで働いていた、スピリチュアル大好きNOAのブログ

女性はとにかくじぶんの身体に甘くするべし!

f:id:club_spi:20190111163359j:plain

www.club--noa.com

 


NOAです。

 

女性は特にじぶんの体のサインにもっと敏感になりましょう。

 

少し具合が悪くなったら休むとか、帰るとか、予定をキャンセルする。

 

仕事も辛い環境で体に支障をきたしそうだなと思ったら他の仕事に変えるか、やめる。

 

男性社会の中に入っていけるほど女性の体は強くないし、女性の体は本当にデリケート。

 

男性ばかりの会社で営業をしていたとき、朝から晩までアポイントを入れ続け、商談をし続けた時がありました。

 

休みなし、歩合給だったからとにかく会社の方針に従って毎日きちんと仕事をこなし、土日はじぶんのスキルアップのために勉強をするというルーティーン。

 

男性と肩を並べて頑張っていないと『女だからってなめられる!!!』と無理をしていたけど、急にプツンと張り詰めた糸が切れたかのように仕事に行かなくなってしまった。

 

体力の限界。

 

男性と戦える体力なんてないし、精神力もない。

もともと女性が男性と同じ様に働くなんて難しかったってことがわかった。

無理をし続けないと男性と肩を並べて働くなんてできない。

そんなに無理をしたところで仕事を楽しく続けることってすごく難しい。

ホステスの仕事も楽そうに見えて結構体力勝負だったりする。

 

女だからなめられる!って思ってたけどじぶんをなめているのはじぶんだった😭

 

精神的にダメージを受けると生理がおくれたり来なかったり不正出血したり。

女性は精神状態が体に反映しやすく、もろもろ身体に出てしまうんです。

身体になんらかの症状が出てしまうのは身体からのSOS

私の場合は急に呼吸困難(喘息)になったり、身体中にアトピーが広がったり。

 

じぶんを労われるのはじぶんだけ。

女性であるじぶんの身体を守れるのはじぶんだけ。

 

他人の顔色伺って嫌われたくないから…

じゃなくてもっとじぶん優先に、大事にしよう。

じぶんを大切にすればするほど世界や社会からも大事にされる。

 

じぶんの身体に適した仕事のやり方をするようにしたり、好きに仕事をする環境を作ることが重要なのかもね。

 

じぶんに合う環境を作ってあげるのって一番じぶんを大切にすることだと思う。

 

だからじぶんで小さく仕事を始めることにした。

 

個人で仕事を始めると身体の変化により敏感になるし、体調に合わせて仕事をすることができるからものすごく快適だし成果も上がる。

 

もし今の仕事をやめられないのなら、今できる最善を尽くしてみよう。

 

ホステスを辞めれなかった時は休むのがものすごく怖かったけど、体調が悪い時は思い切って休むことをしてみた。

 

じぶんで決断してじぶんを大切にできるようになると快適な日々をさらに過ごしたい欲が出てくる。

 

お酒を売り上げのために飲まなくなったし、営業時間外にお客さんの付き合いで出かけることも辞めた。

 

身体のためにスムージーを作ってみたり運動してみたり。

⇧これは次第に拡大して行ったこと。もともと健康志向なわけではないよ。

 

一つ快適にしてあげるとどんどん快適になっていく。

じぶん中心に世界が回り始める。

売り上げのためにお酒を飲まなくても付き合いが悪くなっても、売り上げが下がることもなく、それどころか給料が上がった。

 

じぶんに優しくなればなるほど世界も優しくなるんだ。

 

快適を追い求めたら気づいたらホステス辞めてましたw

 

男性と同じ働き方をするって女性の身体には合っていないと思う。

毎月生理がある時点で難しいし、女性は月に4回性格が変わるほど身体が変化するらしい。

 

もっとじぶんの身体の調子にフォーカスして、どんどん大事な身体に甘くなってほしい。

 

甘くなればなるほど物事順調に行き始める。

 

女性であることを楽しみながら身体と付き合っていこうね。

 

 

 

ブログ更新情報、NOAのすべてのお知らせが届きます♫

質問やお悩み相談もどうぞ(*´-`)

 

友だち追加

IDはこちら→@bfy6803c

こちらのリンクからも登録できます♫ http://line.me/ti/p/%40bfy6803c

 

 

ブログでみなさんのお悩み相談を募集します。

 

お悩みの回答はブログで公開していきます。

 

club.spi.noa@gmail.com

 

 

お気軽にメールしてください

 

www.club--noa.com

 

 

女性向け恋愛コミック【ロマンス ライブラリ】