元銀座ホステスNOAのクラブスピリチュアル

銀座のクラブで働いていた、スピリチュアル大好きNOAのブログ

もっと男性におねだりしよう。あなたの幸せは彼の幸せ

f:id:club_spi:20190401205046j:plain

www.club--noa.com

 

NOAです。

 

もっと男性におねだりしていこう。

 

本当は彼氏にしてほしいこと

本当は彼氏に買ってほしいもの

本当は彼氏にしてほしいこと

 

伝えていこう。

 

 

わがままに伝えてOK

わかってくれそうな言葉に変換して

伝えるのではなくて

そのままのあなたの言葉で伝えよう。

 

 

ラインをもっとしたい

もっと一緒にいたい

アクセサリーがほしい

おごってほしい

 

 

もっともっと

甘えよう。

頼ってみよう。

 

 

断られても大丈夫。

男の人は自分のタイミングで

彼女にやってあげたい生き物だから

何度も伝えて待つのも大事。

 

 

私は昔セブ島に英語の短期留学をしたかった時、

彼氏におねだりして出してもらったよ。

 

 

当時お金がなかったけど

憧れだった留学をしたかったから

彼氏に頼ったらすんなり出してくれた。

 

 

あるアクセサリーがほしい時も

頼んでみたけど

『ダメ!』って断られたw

 

 

でも何ヶ月待っても欲しかったから

しつこくお願いしてたんだけど

聞き入れてくれなくて。

 

 

彼が10年くらい貯めてた貯金箱が

ふと目について

目の前で一気に割ったwwwwwwwww

 

これも考えてやったことじゃなくて

衝動的にやったことなんだけど、、、

 

『そんなにほしいならこのお金で買おう』

 

彼の顔は青ざめてたけど

しぶしぶ了解して買ってもらうことになったw

 

ちょっと怒ってたけど

そのアクセサリーをつけてルンルンしてたら

よかったね〜♫

って彼も嬉しそうだったw

 

 

貯金箱の件はやりすぎだけど

彼にお願いをするってとっても大事。

 

 

あなたがしてほしいことを伝えなければ

彼は何をすればあなたが喜ぶかがわからないじゃない?

 

男性は女性を喜ばすために生きているのに

あなたが

 

嫌われるんじゃないか?

引かれるんじゃないか?

 

って何も言わなかったら

 

じゃあこのままでいいんだな

何もしなくても幸せなんだな

 

って思われるだけ。

 

男性には女性の気持ちを察する能力はないんだから

いつかわかってくれるだろう

って思ってても

わかられることは一生ないw

 

 

だから何度断られても

自分のしてほしいことを伝えていく。

 

 

男性はやってあげた分だけ

あなたを更に大事にするようになる。

 

 

大事にされたいのなら

包み隠さず要求を伝えていくこと。

 

 

最近話題のカリスマキャバ嬢って

もれなくおねだりが上手なのよ。

 

 

お店にきてほしい

会いにきてほしい

バッグ買ってほしい

シャンパン入れてほしい

 

 

お客さんが勝手に貢いでいるんじゃなくて

キャバ嬢の方から可愛くお願いしてる。

 

 

そんでそのキャバ嬢にお金を使ったり

要求を受け入れれば受け入れるだけ

お客さんはその女の子のファンになり

思い入れが増えていく。

 

 

水商売で人気があったり

売り上げをたてられる人って

みーんなおねだりが上手いの。

 

 

自分の欲求を叶えてもらいながら

その上愛されていく。

 

 

そりゃぁカリスマキャバ嬢だって

100発100中なわけじゃないから

お願いしても聞き入れてもらえないこともあると思う。

 

 

でもしてくれないから不機嫌になることもないし

断られても気にしない。

 

気にしてたら気が持たないしw

 

 

だからね

 

もっと男性に甘えていこう。

 

頼っていこう。

 

おねだりしてみよう。

 

 

男性はあなたを幸せにするために毎日頑張ってるんだよ。

 

 

女性を幸せにすることで

男性は幸せを感じるようになっている。

 

 

頼ってくれる女の子がいたら

可愛いし大事にしよう

俺のこと頼りにしてるんだな〜

って更に愛されるから。

 

あなたの幸せは=彼の幸せ。

 

もっと男性を信頼してみようね😍

 

 

 

ブログ更新情報、NOAのすべてのお知らせが届きます♫

質問やお悩み相談もどうぞ(*´-`)

 

友だち追加

IDはこちら→@bfy6803c

こちらのリンクからも登録できます♫ http://line.me/ti/p/%40bfy6803c

 

www.club--noa.com