元銀座ホステスNOAのクラブスピリチュアル

銀座のクラブで働いていた、スピリチュアル大好きNOAのブログ

親の期待に答えなくてもいい。じぶんの人生はじぶんだけのもの。

f:id:club_spi:20190424163007j:plain

 

NOAです。

 

こちらは気になるツイート↓

 

 

 

 

 

親をがっかりさせたくなくて

親孝行したくて

親を満足させたくて

親が誇れるような人間になりたくて

 

 

頑張っちゃう時ってありますよね。

 

 

私はずっと水商売をしていたけど、

出勤するたびに、

親に申し訳ないなって思っていた時がありました。

 

 

娘がホステスやっててごめんなさい。

娘が水商売しかできなくてごめんなさい。

親が誇れるような娘になれなくてごめんなさい。

 

 

うちの親は真面目な家庭だったから

水商売とかって無縁。

 

 

きっと今でもいかがわしい仕事だなって思ってるし

イメージが悪い。

 

 

親のために勉強を頑張ってた時もあったけど

いい大学にも行けなかったし、

学歴も作れなかった。

いい会社に入ることもできないし

親が誇れるような経歴が一切なくて。

 

 

それなら現金を支払い喜んでもらうしかない。

って思ってたから仕事を頑張り始める。

 

 

貯めたお金で旅行に連れて行ったり

ご飯をご馳走したり。

親が喜びそうなことをとにかくやってみた。

 

 

 

けど親のために…

ってじぶんの生活も楽ではないのに

頑張れば頑張るほど辛くなってきて。

 

 

水商売をしてる時の私ってボロボロだったし

精神的にも限界。

なのに親の面倒も見なきゃ…

って考えがさらにのしかかってきて

鬱になり引きこもりになってしまった。

 

 

久しぶりに親に会いに行った時に、

ポロっと

 

『死にたいな』

 

って言ってしまっていたらしい。

 

 

自分では気づかなかったけど。

 

 

親は慌てて、

 

『もう何もしなくていいから。

 生きているだけでいい。

 死んだら何も残らない。』

 

って言ってくれて。

 

 

親が産んでくれた命に変わりはないけど

 

私のための人生なんだよな。

 

って思い出した。

 

 

私が生まれた理由って

親に産んでくれたことを感謝して恩を返すことではない。

親を喜ばせるために生きてきたのではない。

 

 

じぶん自身の人生を歩むこと。

もっとじぶん本意に生きなきゃ。

私が幸せに暮らしていることが親の本当の幸せなんだって

ことがわかった。

 

 

 

今生きているのは親のためではない、

じぶんだけの人生。

 

 

 親の顔色伺うよりも

じぶんの本当にしたいことをしよう。

 

 

親のために!って意気込むのもやめて

まずはじぶんのために生きよう。

 

 

親のことはじぶんが満たされてからでいい。

余裕が出来てからでいい。

 

 

あなたの幸せが親の幸せ。

 

 

 

ブログ更新情報、NOAのすべてのお知らせが届きます♫

質問やお悩み相談もどうぞ(*´-`)

 

友だち追加

IDはこちら→@bfy6803c

こちらのリンクからも登録できます♫ http://line.me/ti/p/%40bfy6803c