元銀座ホステスNOAのクラブスピリチュアル

銀座のクラブで働いていた、スピリチュアル大好きNOAのブログ

じぶんさえよければいいのは当たり前

f:id:club_spi:20190803164018j:plain

www.club--noa.com 

 

 NOAです。

 

こちらは気になるツイート↓

 

 

 

 

じぶんさえよければそれでいいの。

 

 

じぶんの人生はじぶんで決める。

 

 

他人の顔色なんて伺わなくていい

家族の、親の顔色伺って生きてたら、、、

気づいたら年取って死んでるよ。

 

 

じぶんを犠牲にして他人に尽くす人生が素晴らしいって教えられて私は生きてきた。

 

 

人気のある映画やドラマや本って、

誰かのために生きる

みたいな内容が多い。

 

 

そんな映画を見てはじぶんも誰かに尽くさなければ!

じぶんを犠牲にしてでも与えなければ!

じぶんが苦しい思いをしても誰かのために生きることは美しい!!

って思ってたのw

 

 

でも実際は全然美しくもなければ、

ただ苦しいだけで幸せじゃなかったんだよねw

 

 

『じぶんさえよければいい』

って罪深い考え方のように聞こえるけど

いい人に見られたいからでしょ? 

自己犠牲してるじぶんに酔いたいから?

 

 

会社のために、親のために、彼氏のために…

そんな生き方をすればするほど楽しくないし生きてる実感もしない。

 

 

じぶんの人生なんだからじぶんの幸せのために生きようよ。

 

 

他人よりじぶんが先だよ。

 

 

じぶんさえよければいいの。

綺麗事言ってる場合じゃないよ。

他人のために犠牲払ってたらじぶんの心が死んでしまう。

 

 

誰かの心を労わっている場合じゃない、

じぶんの心を労われwww

 

 

じぶんが幸せでもなくギリギリの状態なのに、

周りの人を幸せにできるわけないでしょ。

 

 

我慢は我慢の連鎖を生む。

 

 

誰かのために尽くすのなんてじぶんが幸せになってからでいい。

 

 

まず先にじぶんが幸せになるべき。

 

 

うんとじぶんを幸せにしてあげよう。

 

 

 

給料の高いホステスという仕事をしている時、

親のために、親を喜ばそうと

必死で働いてお金を入れてた時があった。

親により多くお金を入れるためにシャンパンを一気したり、とにかく稼がなきゃ!!

お金を手に入れなきゃ!

ってがむしゃらに働いてた。

 

 

肝心の私はちっとも幸せじゃなくて、

顔も心もどんどん死んで行っていた。

 

 

親も心配していたけど、

親のために働くのが子供の務めだと思ってたの。

結局無理を重ねて鬱になり、

強制停止になって働けなくなってしまった。

 

 

そんな状態の私を見て、親に

『生きているだけでいいから』

って言われたの。

 

 

親の為に生きたり、

頑張ったりするのもうやめようって思った。

 

 

親はお金が欲しいんじゃない。

じぶんの為に無理して欲しいわけじゃない。

私が幸せに暮らすのが一番の願いだったんだ、って気づいたのね。

 

 

それからは誰の為でもなく、

我慢せずじぶんのために生きる!

って決めていろんな場所に旅行に行ったり、

沖縄に住んでみたり。

すごく楽しくて幸せだった。

親にお金を渡すことは出来なくなってしまったけど

親はすごく嬉しそうだったんだよね。

楽しそうでいいね〜って笑顔。

 

 

あなたが我慢するって本当は周りを不幸にしてるのと同じなんだよ。

 

 

あなたが幸せに生きることで周りの人間も幸せにすることができる。

 

 

結果じぶんを幸せにすることが世界の幸せ。

 

 

じぶんさえ良ければいいのは当たり前。

恥じる考え方じゃないのよ。

 

 

 

 

ブログ更新情報、NOAのすべてのお知らせが届きます♫

質問やお悩み相談もどうぞ(*´-`)

 

友だち追加

IDはこちら→@bfy6803c

こちらのリンクからも登録できます♫ http://line.me/ti/p/%40bfy6803c

 

www.club--noa.com