元銀座ホステスNOAのクラブスピリチュアル

銀座のクラブで働いていた、スピリチュアル大好きNOAのブログ

誰かと比べる戦いをもうおわりにしよう。戦っても劣等感は消えることはない。

f:id:club_spi:20190316174616j:plain

www.club--noa.com

 

 


NOAです。

 

もういい加減誰かと比べること

を終わりにしませんか?

 

誰かや

何かと

常に比べては

 

 

私ってダメな人間なんだ

私って価値がない人間なんだ

 

 

って思うことってキリがない。

 

 

誰かと比べて始めたことは

比べる戦いが一生続く。

 

 

終わりはこないんだよ。

 

 

誰かの輝かしい部分を見ては

羨ましがって

近くように努力して。

追いついたと思ったら

まだまだ距離があって。

 

 

比べる対象を変えては

成長ごっこを繰り返す。

 

超えたな!

 

って少しの優越感に浸るけど

優越感は長くは続いてくれない。

 

 

たしかに出来ることが増えて

成長しているかもしれない。

だけど心の奥底では満たされてない気持ちが続く。

 

 

成長しても成長しても劣等感が顔をだす。

 

 

優越感を感じるってことは

劣等感があることの裏返し。

 

 

比べる対象のものが手に入ったら

 

 

人生はうまくいく

幸せになれる

 

 

って錯覚するけど

手に入れたところで大した満足もしなければ

幸せにもなれてないじぶんがいる。

 

 

誰かと比べるって

「じぶんは足りてない存在」

って思ってるから

 

「不足している存在」

って信じているから

 

不足の現実を引き寄せる。

 

 

誰かと比べて生きていくって本当に苦しい。

至福の時間が訪れることがないし

生きてる時間すべてが修行のような気分になるw

 

 

学校にもテストがあったり

成績順に人間の価値が測られるような

システムで生きてきちゃったから

相対的に何かを判断する癖を急に辞めるのって難しい。

 

 

幼少期から相対的に評価される

仕組みの元育ってきて

大人になれば

 

給料

会社名

仕事内容

 

でマウンティングが始まる。

 

 

どんなに比べて

追いつこう!

って頑張ったって上には上がいるから

満足な状態になかなかたどり着けない。

 

 

誰かと比べての相対的な判断はあなたを不幸にする。

 

 

だからさ、もう比べる戦争はやめて

じぶんに対して

何があっても揺るがない絶対的な評価をしてあげよう。

 

 

誰かに評価されたいのなら

じぶんがじぶんを評価してあげる。

 

誰かに認められたいのなら

じぶんがじぶんを認めてあげる。

 

 

今までよくやってきたじゃない。

その軌跡を全部見ているのは

他の誰でもないじぶんなんだから。

 

 

じぶん以外の誰かに認めてほしい!

ってジタバタする前に

あなたがあなたの価値を認めてあげよう。

 

 

相対的な評価は他人の意見によって

変わるから精神的にも疲れちゃうけど

 

絶対的な評価を自らあげることによって

不足感もだんだん減ってくるし

他人を気にしなくなる。

 

 

じぶんでじぶんを満たすことが出来るようになれば

誰からの評価もいらないし

誰かと比べる必要がなくなって

劣等感を感じなくなる。

 

 

じぶんワールドを作ったほうが

楽しく幸せに生きれるんだよね。

 

他人にいちいち反応しない。

じぶんだけの世界を作り上げることで

誰かと比べる戦いは終わりを迎える。

 

 

 

ブログ更新情報、NOAのすべてのお知らせが届きます♫

質問やお悩み相談もどうぞ(*´-`)

 

友だち追加

IDはこちら→@bfy6803c

こちらのリンクからも登録できます♫ http://line.me/ti/p/%40bfy6803c

 

www.club--noa.com