元銀座ホステスNOAのクラブスピリチュアル

銀座のクラブで働いていた、スピリチュアル大好きNOAのブログ

心地のいい環境にいさせてあげることがじぶんの務め

f:id:club_spi:20190527171638j:plain

www.club--noa.com

 

 

 

NOAです。

 

 

ここ最近東京は急に暑いですね。

5月なのに30度を超えるくらいの猛暑。

 

 

私は起きるのが遅いから起きた時は部屋はサウナ状態で

顔が真っ赤っか。

 

 

クーラーが必要なくらいなのに、

なぜだかクーラーをつけずに我慢しているじぶんがいた。

 

 

30度ってもはや夏じゃん???

クーラーつけてもいいじゃん???

 

 

なのになぜか、この暑さに打ち勝つんだ!

って体育会根性出してるじぶんがいてw

 

 

で、こんな我慢しているのは何故だろう?

って考えてみた。

 

 

昔にお母さんとおばあちゃんが

 

 

『クーラーは体に悪いから暑いのを我慢しなさい』

『今日は去年の夏に比べてまだ涼しいんだから』

 

 

って言ってるのを思い出した。

なかなか夏でもクーラーをつけてもらうことが出来なくて、

夏休みの間はいつも友達の家や図書館にいたことを思い出したんだよね。

 

 

それに、毎年毎年

『去年よりは涼しいから』

って言われるんだけどさ、

ネットで調べてみたら、全然去年より暑いの。

それも毎年www

 

 

お母さんやおばあちゃんが小さい頃よりも格段に温度が上がってるのに

クーラーつけずにサウナみたいな温度の中、過ごすってさ。

 

 

もう罰ゲーム。

 

 

暑すぎる中、クーラーつけるの我慢してると、

仕事にも集中出来ないし、イライラしてくる。

何も進んでいかないし、やりたかったことすら着手出来ない。

 

 

そんなことをわかりながらも、クーラーつけるのを我慢してるのって

昔昔に植え付けられた

 

 

親の呪い

 

 

だったんだなって気づいた。

 

 

お母さんが昔言ってた言葉ってすごく影響が大きい。

アラサーになる今でも引きずってるんだもん。

昔繰り返し聞いた言葉って、忘れることなく身体に染み付いているし、

根深いなって思った。

 

 

それにじぶんが

 

 

暑いよ〜

もうこんなところに居たくないよ〜

快適な温度にしてよ〜

 

 

って言ってる声が聞こえてくる。

 

で、1日我慢した挙句にやっと翌日クーラーをつけた。

 

 

とんでもない快適さを味わったwwww

 

 

我慢しなくてもいいところを、

我慢する必要なんてなかった。

これただのMよねw

誰も禁止してないのに、勝手な思い込みでじぶんを我慢する方向に追いやる。

 

 

お母さんがどんなことを教えようと、

じぶんを心地よくさせてあげることが一番。

 

 

じぶんを快適な環境にいさせてあげるのがじぶんの務め。

 

 

最近はじぶんを甘やかし、

我慢せず、毎日を送っているものだから

ちょっと我慢するだけでね、

もう耐えられないw

すぐ体調が悪くなるし。

 

 

罪悪感が出てきても、

大事なじぶんを心地のいい環境に置いてあげよう。

 

 

じぶんを大事にすることがさらに豊かな人生を歩む第一歩だよ。

 

 

 

じぶんを我慢させないで。

 

 

 

じぶんを我慢させればさせるだけ、

外側の世界も我慢が必要な世界になってきちゃうよ。

 

 

 

 

ブログ更新情報、NOAのすべてのお知らせが届きます♫

質問やお悩み相談もどうぞ(*´-`)

 

友だち追加

IDはこちら→@bfy6803c

こちらのリンクからも登録できます♫ http://line.me/ti/p/%40bfy6803c

 

www.club--noa.com