元銀座ホステスNOAのクラブスピリチュアル

銀座のクラブで働いていた、スピリチュアル大好きNOAのブログ

身体の声を聞くことが、幸せな現実を創る第一歩

www.club--noa.com

 

 

NOAです。

 

先日は星を見に行き、花火をやったよ〜🎆

すごい量を買ったけど、終わるのは一瞬w

f:id:club_spi:20190806093605j:image

 夏だね🌈

f:id:club_spi:20190806093651j:image

 で、しゃぶしゃぶ🍖

f:id:club_spi:20190806093702j:image

 美味しすぎるなぁ

f:id:club_spi:20190806093711j:image

紅芋コロッケ🍗

 

 

生理になり、鬼のような体調不良💧

 

 

動けなくなって、あ!これ休みなさいよ。

ってサインだと思った。

 

 

タイミングが合わなくてキャンセルになる始末。

 

 

これ神様からのメッセージ。

そんな時は身体に従う。

 

 

頭はあれやろうよ〜

これやろうよ〜

って忙しい。

 

 

でも身体の声が優先。

 

 

ここで休んだら日割りにすると売り上げ下がるしなぁ

って必死に計算が始まる。

 

 

ここで頭の声を優先し無理して行動すると、頭の声を優先する癖がつく。

私はこの積み重ねで強制停止を経験した。

 

 

一度痛い目見てるのに人間って同じ過ちを繰り返そうとしちゃうんだよねw

目先のことばっかり考えてしまう。

 

 

ここで休んで身体を大事にすることによって

計算している以上の現実が起こる。

 

 

いつだって身体を大事にすれば

頭で考える妄想よりも神様ははるかに多くのものを与えてくれる。

 

 

過去に同じように体調不良になった時、

今休んだらせっかく積み上げてきた仕事がストップして、結果が出るのが遅れる!!

って思ってたことがあった。

 

 

本当に怖かったけど、今の恐怖を横に置いておいて身体を休ませてみた。

休むことに慣れない私の休む練習。

休むことへの罪悪感。

 

 

ちなみに今会社に勤めていて休むことに罪悪感を持っている人は、じぶんで仕事をしたとしても休む罪悪感が常に押しよせてくる。

むしろ、勤めている時以上の罪悪感。

休みもじぶんで決められるわけだから、

休めないループにはまる。

毎日が仕事の日々になるw

勤めている時から罪悪感を感じながらも身体を優先し、休む癖を。

 

 

罪悪感が出る方に進むんだよ。

罪悪感はGOサイン。

 

www.club--noa.com

 

 

ここで頭で考える恐怖心に負けて動いてしまったら、

これから先も体調悪くても休めない。

恐怖に追いかけ回される日々が始まる。

 

 

そんな恐怖を味わうためにじぶんで仕事を始めたわけじゃない。

 

 

携帯の電源を切ってゆっくり休む。

とにかく携帯や売り上げを目にしない。

 

 

2日後に調子がよくなってきて仕事を再開する。

ゆっくり休んだから仕事もはかどる。

 

 

すると新しいアイデアが降ってきたり、

過去になかった注文が入っていたりと

 

 

ラクルが起こるのよ😂w

 

 

稼働日数少ないのに売り上げ上がってたwww

 

 

じぶんを大事にした結果、もう一人のじぶんから

ありがとう❤️

って感謝されてるんだな、って思ったよ。

 

 

幸せになりたい〜とか言いながら

 

身体の声無視するなよ。

 

身体の調子を整えないと幸せを受け取る受け皿が広がっていかないよ。

じぶんをいじめているだけ。

 

 

休む勇気がない人はじぶんを大事に扱っていない。

じぶんよりも、他のなにかが大事なんだろうね。

この世界にじぶんより大事なものって存在するわけないのに、じぶんをないがしろにするから神様にそっぽを向かれる。

じぶんの身体を大事にしないのに幸せなんて来るわけがないと思ってる。

 

 

休みたいよ〜って身体の声を逃さないで。

そのままじぶんからのSOSを無視して働いたり、行動し続けると現実もうまくいかなくなってきちゃうよ。

 

 

頭の声はカットして、いつでも身体の声に従おう。

身体の声を聞くことが、幸せな現実を創る第一歩です。

 

 

 

ブログ更新情報、NOAのすべてのお知らせが届きます♫

質問やお悩み相談もどうぞ(*´-`)

 

友だち追加

IDはこちら→@bfy6803c

こちらのリンクからも登録できます♫ http://line.me/ti/p/%40bfy6803c

 

www.club--noa.com